冠動脈バイパス術とは?

冠動脈バイパス術(CABG)は、心臓の血流を回復させる手術です。多くの患者さんは、冠動脈バイパス術には2つの外科的な処置があることを知り、驚きます。

  1. まず最初に、バイパス用に使用する健康な血管を、胸部、脚部、腕部から1本または複数本取り出し(または採取し)ます。。
  2. 次に、外科医はその採取した血管を使って、心臓の損傷した動脈や閉塞した動脈の周囲にバイパス(迂回路)を形成します。

これらの新しいバイパスによって、心臓は必要な血液を供給することができます。

バイパス手術を受けた心臓

手術のバイパス部位について

腕や脚の血管を使用する場合、外科医は採取した血管の片方の端を大動脈に吻合し、血液がグラフトに流れ込むようにします。もう一方の端は、閉塞している冠動脈に吻合され、冠動脈の閉塞部分をバイパス(迂回)して心筋への血流を回復させます。

1回の手術中に1箇所以上のバイパスを行うことは珍しくありません。外科医が行うバイパス血管の本数に応じて、2枝、3枝、4枝バイパスなどと呼ばれます。

The bypass part of the surgery

When using a vessel from the arm or leg a surgeon connects, or grafts, one end of the harvested vessel to the aorta—which supplies blood to the heart. The other end is attached to the coronary artery that has a blockage, bypassing the blocked portion of coronary artery to restore blood flow.

It is not uncommon for a surgeon to perform one or more of these grafts during an operation — Depending upon how many bypass grafts the surgeon performs, this can be referred to as double (2), triple (3), quadruple (4) or more bypasses.

The bypass part of the surgery

When using a vessel from the arm or leg a surgeon connects, or grafts, one end of the harvested vessel to the aorta—which supplies blood to the heart. The other end is attached to the coronary artery that has a blockage, bypassing the blocked portion of coronary artery to restore blood flow.

It is not uncommon for a surgeon to perform one or more of these grafts during an operation — Depending upon how many bypass grafts the surgeon performs, this can be referred to as double (2), triple (3), quadruple (4) or more bypasses.