従来の大伏在静脈と橈骨動脈の採取法

これまで、大伏在静脈を採取する際は、必要なバイパスグラフトの本数に応じて、足首から鼠径部にかけて大きく切開していました。
この方法では、標準の手術器具を使用します。この従来の採取方法は、現在の外科処置において最長の切開であり、最大で50cmにもなります。
従来の採取方法は、静脈採取において世界的にも一般的な治療です。機器や手術方法は、外科医にとっては馴染みのあるものです。従来の採取方法のリスクは、他の外科手術と同様で、感染症、熱傷、出血、裂傷などがあります。また、多くの患者が胸の切開創よりも強い痛みを訴えます。

従来の採取法 vs. 内視鏡下血管採取術 (EVH)