How to Prepare

手術の前に・・・

バイパス手術を受ける前に、担当の外科医、麻酔科医との面会があります。その際、手術前の準備に関する説明を受けます。

以下の説明などが含まれます。

  • イブプロフェン、アスピリン、またはビタミン剤やサプリメントなどの市販薬を含む、普段からあなたが服用している常用薬リストの提出
  • 手術当日の夜以降の絶食・絶飲
  • 時計やアクセサリーなどの持ち込み禁止

手術室に入る前に気分を落ち着かせるため、鎮静剤を投与されることがあります。手術室では、麻酔薬を投与されます。

担当の外科医から、おおよその手術時間が伝えられます。

リスクの軽減

手術によって、症状は改善するかと思いますが、新しくバイパスされた血管は、プラークが蓄積しやすい為、ご注意ください。生活習慣を見直すことで、冠動脈疾患のリスクを軽減し、より長く健康的な生活を送ることができます。

その為には、以下を心掛けましょう。

  • 禁煙
  • 高血圧を抑える
  • 健康的な食事
  • コレステロールを控える
  • 適度な運動
  • 体重管理

冠動脈バイパス術と内視鏡下血管採取術の詳細や、治療に関する質問については、担当医にお問い合わせください。

良好な回復のために

手術が終わると、術後回復室や集中治療室(ICU)に移動します。医師、看護師らが経過を観察します。

  1. 自発呼吸ができるまで、気管内チューブを使用する場合があります。
  2. 気管内チューブを外した後、咳や深呼吸の練習をします。これは、肺機能を正常に保つことを目的としています。
  3. 心拍数と心電図をモニターします。
  4. 手術後しばらくの間、膀胱にカテーテルを挿入します。
  5. 体を動かすよう指示があります。

退院

入院期間は、手術の種類や回復の程度によって異なります。予想される入院日数については、担当医にお問い合わせください。

帰宅

退院前に、自宅での生活に関する注意事項について説明があります。以下説明などが含まれます。

  1. 経過観察の為の再診に関する説明
  2. 服用している薬の使用上の注意点について
  3. 入浴の開始時期やその他の注意点について
  4. 切開創部の発赤、腫れ、体液排出の観察について
  5. 肺機能を正常に保つための咳、呼吸の練習について
  6. 歩行と持ち上げ動作の指示と制限について
  7. 疲れを感じたときは休息を取ること
  8. 我慢できない痛みや、質問があるときは担当医にお問い合わせください