1. 冠状動脈性心疾患とは?

  • 心臓に血液と酸素を供給する冠状動脈の血流が悪くなることです。

2. アテローム性硬化症とは?

  • アテローム性硬化症とは、一般的に「動脈硬化」と呼ばれています。動脈の中に脂肪(コレステロール)が徐々に蓄積され、動脈が狭くなったり、閉塞したりすることを指します。

3. バイパス術とは?

  • 冠動脈バイパス術(CABG)とは、心臓の血流を元の健康な状態に戻す為の手術です。

4. CABGとは何の略ですか?

  • 冠動脈バイパス術、すなわち心臓手術の一種です。バイパス術とも呼ばれます。心臓に酸素を含んだ血液を供給する動脈の閉塞を「バイパス」するために行われるもので、バイパス術とも呼ばれます。

5. 人工心肺装置とは?

  • 人工心肺装置は、CABG手術中に心臓が停止している間、一時的に心臓と肺の代わりとして機能を果たす装置です。血液に酸素を供給し、血液の循環を維持します。

6. 血管採取法とは?

  • 冠動脈バイパス術(CABG)では、体の他の部分から健康な血管を採取し、冠動脈が狭くなったり詰まったりしている部分の血流を迂回させるバイパス(迂回路)を作ります。

7. 内視鏡下血管採取術(EVH)とは?

  • 内視鏡などの低侵襲器具を用いて、小さな切開部から冠動脈バイパス手術(CABG)でグラフトとして使用する健康な血管を採取すること。

8. 従来の血管採取術とEVHの違いは何ですか?

  • 従来の採取術は大きな切開が必要でしたが、EVHでは特殊な器具を使って小さな切開で血管を採取します。

9. 内視鏡下血管採取術(EVH)の臨床的利点は何ですか?

  • EVHの利点は、傷が小さいこと、回復が早いこと、入院期間が短いこと、感染症の可能性が低いことなどがあげられます。

10. オンポンプとオフポンプの冠動脈バイパス術(CABG)の違いは何ですか?

  • オフポンプバイパス術は、心臓を拍動させたまま行われる点で、従来のオンポンプバイパス術と異なります。オフポンプバイパス術は、手術中に心臓の拍動を止めるための人工心肺装置を使用しません。

11. 冠動脈バイパス術(CABG)に使われる血管はどこから採取されますか?

  • 冠動脈バイパス術(CABG)で使用する血管は、胸部、脚部、前腕部などから採取されます。

12. 内視鏡下橈骨動脈採取術(ERAH)とは?

  • ERAHとは、低侵襲な手法と内視鏡を用いて、患者の前腕部から橈骨動脈を採取することです。

13. 心拍動下手術とは何ですか?

  • 心臓が動いている状態で行われる心臓血管外科手術のことです。