内視鏡下血管採取術

今日では、冠動脈バイパス手術(CABG)のために血管を採取する際、従来の方法やブリッジング法に比べてはるかに低侵襲な方法があります。この方法は通常、2cm程度の小さな切開で済みます。内視鏡下血管採取術(EVH)は、脚の伏在静脈や前腕の橈骨動脈を採取する際に用いられます。

EVHでは、特殊な機器を使用し、小さな切開部から血管を確認しながら採取します。これにより、従来の手術方法に比べて、脚や前腕の周辺組織への外傷が少なく、感染症のリスクや術後の痛みも軽減されます。

他の血管採取法と同様に、EVHには感染症、熱傷、出血、血腫、裂傷のリスクがあります。また、EVH機器を使用することで、アレルギー反応や過敏症、ガス送気を使用した場合は二酸化炭素塞栓症を引き起こす可能性があります。

EVHの利点について

脚や前腕に存在するその他の血管に対し、採取法の違いによる影響はありません。

EVHは、米国では一般的な治療法であり、ほとんどの心臓外科病院で行われています。この方法が最適かどうかは患者ごとに異なるため、担当医に相談してください。

内視鏡下橈骨動脈採取術(ERAH)

今日では、外科医は長い切開をせずに、低侵襲技術を用いて患者の前腕部から橈骨動脈を採取することができます。すべての患者が、バイパス用のグラフトとして橈骨動脈を使用するのに適しているわけではありません。どのグラフトが最適かは、医師が判断します。