ブリッジング法

「ブリッジング法」という別の採取法もあります。この手技は、約8センチほどの切開を複数個所、間隔をあけて切開し、大伏在静脈を採取します。複数箇所を切開するこの手技は、感染、痛み、腫れなどといった合併症のリスクがあるほか、静脈に必要以上のテンションをかけてしまう可能性があります。(過度なテンションがかかることで血管が損傷するリスクがあります。)